さそです。

文章を書くのが好きなOLがただただ書き連ねる練習広場

前向きな諦めは後退ではないのだ。

病気をできない言い訳にはしない。もちろん自分が病気なことを無視するということではなくて「病気だけど、できることとできないことを把握して、できることでやっていく」ということ。

 

 

大変なのはみんなそうだし、その中で社会でやっていくなら、自分が壊れないようにできるやり方を、自分で考えてやっていくことが大事なことだと思っている。

 

 

そういえば、お母さんに「もうちょっと家計にお金を入れて欲しい」 と言われ困ったことがある。

今の会社のお給料では今入れてる金額が精いっぱいだから。でも、お母さんが困っているので最大限の努力はしたい。と思って、ちょこちょこモノを売ったり、転職するために自信を付けたくて資格を取ったりと、今、試行錯誤の状態である。

 

 

私は、耳が聞こえないことで「今の説明が聞き取れなかった大事なことを言われていたらどうしよう」と不安になって、パニック気味になり前のデザイン事務所でミスを連発して契約更新されなかったことがある。いわゆるクビである。

医療事務も3年弱やっていたが、ことごとく先生や同僚と合わなくて、4つの医療機関にいたけども、2つクビになっている。

全部、病気のことはクローズで働いていたのだけど、「耳の事がバレたらクビになるんじゃないか」とおどおどビクビク働いていた。実際クビになったわけだし。こんなことが精神衛生状良いわけがない。何回もクビになったこともしんどかった。「私は社会でやっていけない人間なのではないか」とメソメソ泣いてたりもした。

泣いていても1円も発生しないので、就活を開始して今の会社に拾ってもらって今がある。私はメソメソもするけど、それより前に生きなきゃいけないからお金が必要なのだ。行動してお金になる可能性があるなら行動した方がいいと思った。

 

 

決して、多くお給料をもらっているわけではないけど、少ないわけでもないお給料をもらって働いている。将来の事を考えると不安があるので、転職の度にビクビクするのも馬鹿らしいし、一生同じことの繰り返しだから、自信をつけたいので資格を取りたい。と思っている。

資格があれば「耳は少し遠いんですけど……。○○のスキルには自信がありま(`・ω・)キリッ

」となれる気がする。今度の職場ではしっかりそれを言う。落ち続けてもいいから言う。

 

病気を言い訳にはせず、できることからやっていきたい。これはもちろん、病気で働けない人を、煽ったりする内容ではないです。

私は、「持病があるけど、働く意欲もある。そのために自分の不安材料を消していきたい。」

ってそういう話です。それだけです。

 

 

 

私は、会議とかに出ると論理的にモノを話せないので「今何話してるんだ……?」となるし、文章があることで、頭の中を整理してやってくことができている気がする。

メモを書くことで、自分の気持ちをしっかり整理できる。ありがとう文章……うまくかけるように努力するから……。

 

 

今の時代、病気じゃない人だって、生活してくの大変だよ。 それを病気だからって、働くのも欲しいものを買って心を潤わせる事を、諦めたくないんだっていう、強い気持ちです。

 

 

私は、健康になる努力もするし、働き続けられるように筋トレもするし、とにかくやる! 幸せになる! 私はやる!

 

 

では ここで私が好きな映画の資料を作成しました。ご確認ください。

f:id:azummmmmmmmmm:20180126193228p:image

 

大好きな映画です。

 

BGM・Tommy heavenly6/Hey my friends