さそです。

文章を書くのが好きなOLがただただ書き連ねる練習広場

病気になって、良かったこと・悪かったこと。

病気になって良いことなんてあるのか……? という声もありそうなタイトルなんですけど、昨日キャスで「カフェインを辞めたらADHDではないかも? と思うようになった」という内容でお話していて、なんだか思ったことがあったので書いてみようと思いました。私が現在、罹患しているのは

・片耳難聴(片耳聴力0)

視神経脊髄炎による斜視

です。

疲れやすいとか体力が無いことはまぁここで言及すると長くなるので、そこは言及しませんね。

 

■悪かったこと

・片耳が聞こえない、目が見づらいことで三半規管が弱くなり、転びやすくバランスが取れない。

ちょっとふらふらしちゃうことがとても増えました。酔ってないのに普通に転んだり。元々うっかりなので漫画みたいに電柱にぶつかったりします。馬鹿かよ。気をつけなきゃいけない。前を見てなくて段差で普通に引くぐらい転んだりします。バランスがとれないので、頭からいきます。普通に怪我します。危ない。

・大人数の飲み会は気が回らなくなるし、声も聞こえないので、席は右端をとることが鉄則であり、ボーッとしてると、全く変な位置に座って大変なことになるので、注意が必要。

元々ぼーっとしてるんですが、さらにぽやぽやしてしまって、おっとりと言えば聞こえはいいですが、完全にノロノロとしてしまっていることが多いです。アッ! と思いだしたところが普通に横断歩道のど真ん中だったりしますからね。しますからね。じゃあないんだよな。

・ぼーっとすることが増えた。働ける仕事に制限ができた。

結構昔はせっかちだったんです。小さいことにイライラしたりせかせかしたり、少し多動気味だったんですよね。前の日記にも書きましたけど、ユンケル顆粒を服用してたことも大きかったと思うんですけど、病気になってから服用してた時もあんまり機敏に動けなくなってしまって「これは接客業はできないな」と思ってデスクワークや事務に転職しました。今までできてたことができなくなるのがすごく悲しくて、帰り道にめそめそ泣きながら帰ったりしましたね。電車の中で。ヤバイ女だ。

 

 

■良かったこと

・まずは勢いで行動せずに、落ち着いてから行動できるようになった。

前までは、思いついたら「やってみるしかない」ぐらいの感じで、後先考えずに行動して後悔したりしてたんですけど、今はやる前に「これやったらどうなるだろう」って想像することができるようになりました。体力が減った分後先の事を考えて行動するようになったと思います。増えたってだけで徹底はしてないんですけども。えぇ。

・相手がどう思うかを考えられるようになった。

前までは本当にヒステリー起こしてキレ散らかしたりする、もう本当に最悪な性格の悪い人間だったんです。昔の写真とか見ると「自分の事しか考えて無さそうだな」っていうのが顔面から伝わってくるぐらい性格悪いんですよね。実際そうだったと思います。相手を思いやるってことが本当にできてなかったと思います。今もできているとは言い切れませんが、できるだけ周りの人たちには誠実に愛を持って接したいと思っています。もちろん全部を鵜呑みに相手のいいなりになるわけじゃないですけど、なるべく優しくしたいです。

・大事にしてくれる人に大事にし返すように心がけるようになった。

もう本当に前までは自分に優しくしてくれる人を当たり前だと思っていたふしがあって、いやもう本当に最悪なんですけど、最悪だったんですよ。それが大事にしてくれたりする人にちゃんと誠実にお返しできるようにつとめたいな。と思っています。できているかは不明だけど、なるべく相手がわかるように行動とか態度で返していきたいなと思っています。(できているとは言っていない)

 

 

 

トータルで見ると、病気になったのはすごく悲しかったし辛かったけど、色んなことが気づけて良かったのかなと思っているので、結果オーライとします( ˊᵕˋ )

でもなんだろう、なめられやすくなったのか、普通に歩いてておじさんとかにひっぱたかれたり、大声で怒鳴られたりします。なんでですかね? まぁボーッとしてるからしょうがないですかね( ˊᵕˋ )(???)

 

 

髪がとても伸びたので見てください。

f:id:azummmmmmmmmm:20171120193534j:image

つやつや! うれしい(●´ω`●)

もうちょっとしっかりしたいものですね

ε-(`・ω・´)フンッ

 

寒いのであったかくして寝ます……(:3_ヽ)_

 

 

BGM・相対性理論/ウルトラソーダ